クレジットカードで公共料金払ってポイント貯めよ!

クレジットカードは買い物の時などに現金をわざわざ取り出すことなく支払えるのでとても便利なカードです。
また、ショッピングの支払いだけでなく公共料金の支払いも出来ます。
クレジットで公共料金の支払いをするといつの間にかポイントが沢山貯まっている事もありポイントを貯める為にクレジットの支払いを選ぶ人もいます。
しかしながら、クレジット指定にすると口座振替の時とは違って月額の割引が無くなってしまう場合もあります。
レストランや映画館などでACマスターカードやイオンカードなどのクレカを使うとレジで現金を用意する必要がないため手軽に会計を済ませることができます。
手数料が運営会社の大きな収入源なのですが一般ユーザーで加盟店も料金を徴収されていることは知っている人は少ないと思います。
支払う金額の割合は加盟店の営業内容によって差があり家電量販店やコンビニなどは一番低く1%から1.
5%に設定されています。
利用者が支払う場合は支払回数が3回以上の分割払いで毎月の利用額に金利が加算されて口座から自動引き落としされます。
運営会社は1回や2回の支払回数については利用者への料金を発生させていないのでお店が加算してきた場合は規約違反なので支払う必要はありません。
接触型や非接触型などヴァリエーションが多い電子マネーですが我々の生活に浸透しているセブンイレブンのナナコもそれにあたります。
残金に応じて自動でチャージしてくれるシステムもあり、ショッピングや食事の支払は残金の範囲内で行なうことができます。
レジでお金を数える必要が無いのでスムーズに会計を済ませることができるため便利です。
キャッシュレスなカードのように後から請求がくる場合はつい使いすぎが心配ですが、事前に支払が完了しているこのシステムでは心配要りません。
更に預託金システムなので信用審査が不要ですから専業主婦でも利用できるので便利ですね。

モビットの特徴!クレジットカード審査に通らない理由は?【審査落ち?】